top of page

卒花嫁に学ぶ節約術!結婚式の費用を賢く抑える方法

満足のいく結婚式を挙げたい一方で、今後の結婚生活を考えると、なるべく費用は安くしたいですよね。


そこで、今回は結婚式の費用を賢く抑える方法についてご紹介します。卒花嫁による節約術もお聞きしていますので、ぜひ参考にしてみてください。


結婚式の費用ってどれくらいかかる?


「ゼクシィ結婚トレンド調査2023」によると、挙式、披露宴、ウエディングパーティーなど結婚式にかかる費用の総額は、平均327.1万円です。式場のみならず、ウエディングドレスや挙式料の他、料理や飲み物代などもかかるため、ゲストの人数に応じて費用も大きく変動します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ゲスト50名の場合


挙式料:35万

料理+飲み物代:105万

新郎新婦の衣装代:67.9万

ブライダルエステ:9.5万

ギフト(一人あたり):30万

会場装花:18.7万

スナップ+ビデオ撮影:41.4万

参照:ゼクシィ結婚トレンド調査2023


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


もちろん、結婚式にかかる費用を新郎新婦が全て負担するわけではありません。ご祝儀や親族からの支援があれば、それらを差し引いた金額が自己負担額になります。


自己負担額 = 結婚式にかかる費用総額-(ご祝儀額+親・親族からの援助額)


仮に、結婚式の費用総額が300万円、ご祝儀額が105万円(35人×3万円)、両親や親族からの援助が100万円だったとしたら「300万円-(105万円+100万円)」で、自己負担額は95万円になります。


卒花嫁に聞く、コストを抑えることの重要性


卒花嫁Kさん:結婚式以外にも、結納や婚約指輪、新婚旅行など、お金がかかる場面はたくさん!一生に一度きりだから...と、アイテム一つひとに全てこだわってしまうと、費用が想定よりも膨らんでしまいます(涙)。振り返ってみると、実はそこまでコストをかける必要はなかったと思うポイントもちらほら......。賢く節約して、結婚後の生活にも備えましょう!


結婚式に使う費用の予算と計画を立てよう!


結婚式の準備を始める上で、まずは予算と計画を立てることが大切です。「あの時、もっと考えておけば…」と後悔しないためにも、今のうちにしっかりと検討しておきましょう。


ステップ1:結婚式に使える予算を把握する


まずは「結婚式のために、お金をいくら使えるか」を把握しましょう。

結婚式に使えるお金は、大きくわけて3つです。


①新郎新婦の貯金

②ご祝儀・お祝い金

③親や親族による援助


①新郎新婦の貯金


新郎新婦の貯金は、必ずしも全てを結婚式の費用に充てられるわけではありません。新婚旅行や新生活に備えてある程度のお金は残しつつ、どれくらい予算を割くべきか二人でよく話し合って決めましょう。


②ご祝儀・お祝い金


ゲストから受け取ったご祝儀や職場の方から頂いたお祝い金も、結婚式の費用に充てられます。1人あたりのご祝儀の相場は、約3万円。最近では、キャッシュレス決済つきのWEB招待状サービスも増えており、事前にご祝儀を受け取ることも可能です。もし二人の貯金だけでは式場の支払いが厳しい場合は、導入を検討してみても良いかもしれません。 


③親や親族による援助


一生に一度の晴れ舞台だからこそ、親や親族が結婚式の費用を援助してくれるケースもあります。「ゼクシィ結婚トレンド調査2023」によると、約80%の新郎新婦が親や親族から援助を受けています。もし援助を受ける場合は、両家で話し合ってどのように分担するか決めておくと安心です。


ステップ2:結婚式に必要なアイテムをリストアップし、予算を決める


次に、結婚式で必要なアイテムをリストアップしましょう。それぞれにかかる大まかな費用をリサーチし、どこにお金をかけ、どこを削るのか考えます。


例えば、ゲストの満足度にも関わる料理や飲み物は少し豪華にして、その分、会場の装飾は装花を控えめに。バルーンでボリュームを出すなど、価格を抑えながら華やかに見せられるアイテムを取り入れることも一つの手です。こだわりたいポイントを二人ですり合わせながら決めていきましょう。


番外編:予期せぬ出費にも備えよう!


結婚式の準備を進めていく中で、当初の計画にはなかった費用が発生することも少なくありません。予期せぬ出費にも備えて、予算の10〜15%は予備費として確保しておくと安心です。


実際に節約できるもの


結婚式に必要なアイテムの中には、一工夫すればコストを抑えて揃えられるものもあります。ここでは、実際に節約可能な5つのアイテムをご紹介します。


①会場の装花


結婚式の会場を彩る装花は、多ければ多いほど華やかさが増す一方で、後から考えると「ゲストの記憶にほとんど残らないので、そこまでお金をかけて豪華にしなくても良かった...」と後悔する人も。存在感あるお花やグリーンを多めに取り入れたり、リボンやバルーンなどを一緒に取り入れることで、華やかな雰囲気を出しつつ、コストカットも実現できます。


②衣装や小物


一度しか着ないウエディングドレスは、式場で探すよりも、外部のショップを利用したり、海外旅行のついでにドレスを見つけて購入したほうが、持ち込み料も含めて安く仕上がることが多いです。もしドレスにこだわりたい場合は、使用後にフリマアプリで売るという手もあります。小物類もハンドメイド作家のものを手に入れたり、卒花嫁から譲ってもらったりすると良いでしょう。


③料理・飲み物


ゲストが期待している料理と飲み物は、価格を少しでも安くしようと品数を減らしたり、飲み物を少なくしてしまうと、貧相な印象を与えることにもつながりかねません。節約する際のポイントは、コースのランクは下げつつも、メイン料理は豪華にすること。ゲストの満足度を高めつつ、コストも抑えられます。また、飲み物も待ち時間が短いようであればウェルカムドリンクを省いたり、持ち込みで地元の銘酒を用意したりするなど、ドリンクにかかる費用を抑えるのも一つの手です。


④ペーパーアイテム


招待状やメニュー表、席札など、意外とコストがかかりやすいのが、ペーパーアイテム。特に、紙の招待状は、印刷代や切手代などコストが高くつきがちです。おすすめは、WEB招待状を利用すること。スマホやパソコンで簡単に作成でき、無料でゲストに送れるものがほとんどのため、時間とコストの削減が可能。出欠管理もWEB上で行えるため、ゲストの手間も省くことができます。


⑤ビデオ撮影


式場でビデオ撮影を頼むと、10〜20万円と高額な費用がかかってしまいます。何度も見返したい方ならともかく、写真だけで十分満足できるのであれば、不要かもしれません。記録に残したいシーンのみ、友人や親戚などにビデオ撮影をお願いしてみましょう。


ゲストに対する配慮も


交通費や宿泊費について


結婚式をする上で、遠方から来るゲストへの配慮も欠かせません。交通費や宿泊費は、グループ割引の利用や貸切バスの手配などで、ゲスト一人ひとりの負担を減らせます。結婚式の会場がホテルであれば、そのホテルのパッケージ契約を利用して、宿泊費を割引価格で利用できるケースもあります。


引き出物はコンパクトに


遠方から来るゲストは、宿泊用の持ち物なども多く、手一杯なこともあります。あまり荷物にならないよう、デジタルカタログから選べる引き出物やすぐに食べ切れる焼き菓子などを選ぶと良いでしょう。オンラインで大量注文すれば、通常よりも安い価格で購入できることもあるので、適切な引き出物を探してみてください。


卒花嫁からのアドバイス


実際にやってよかった節約とその理由


①衣装小物


祖母から受け継いだネックレスとイヤリングのセットをつけたかったので、それに合わせて式場で無料レンタルできるヘアアクセサリーを選びました。ちょっと悩みましたが式場の方がいくつか提案してくれて、無事決められました。費用もほとんどかからず、ありがたかったです。


②ペーパーアイテム


招待状やメニュー表、席札など、最初は全て紙で揃えようと思っていたのですが、ちょっと高いかな...と感じて、招待状だけ無料で作れるWEBのものを併用しました。配送費の負担を減らせて、ついでに友人からも出欠しやすくていいねと言ってくれて、双方で良かったかなと感じています。


節約したコストで叶った!新婚旅行と実生活


式場でドレスを選んでいたのですが、たまたまヴィンテージショップで素敵なドレスを見つけ、持ち込みに変更しました。1万5,000円で買えたので、持ち込み料含めても10万円以下に。会場の雰囲気を見て、装花もシンプルで問題ないと思い、価格を抑えたものにしました。トータル30万円ほど浮いたので、新婚旅行で泊まるホテルをランクアップ。今後のことも考えて、あまり使いすぎないようコントロールしつつ、いい思い出ができました!


コストダウンにもつながるWEB招待状ならKITENEがおすすめ!な理由


「KITENE」は、おしゃれな花嫁が選ぶハイクオリティなWEB招待状をコンセプトに、業界唯一の音楽付き招待状を手軽に作成できるサービスです。


期間限定で、全てのデザインが無料で利用可能。一般的に、紙の招待状はゲスト1枚あたり300〜400円かかると言われていますが、KITENEであれば一切費用はかかりません。


キャッシュレス決済機能付きなので、事前にご祝儀を受け取ることも可能。手数料もご祝儀制、会費制によってお得な方を選択できるのは嬉しいポイントです。


使い方も簡単!約30種類の豊富なデザインテンプレートの中から好みのデザインを選び、必要な項目を入力するだけ。URLで簡単にゲストへ共有でき、出欠席の確認もスムーズに行えます。


カテゴリー別に豊富なデザインを取り揃えているので、式場の雰囲気や送る相手にあった招待状をお選びいただけます。ぜひお気に入りのデザインを見つけ、コストカットを実現しながらオリジナルなWEB招待状を作成してくださいね。


実際のデザインを確認したい方は、下記リンクよりご覧ください。


「KITENE」公式サイトはこちら:https://www.kitene.and-bride.co.jp/

Opmerkingen


bottom of page